底地、共有名義の持分のみ、利回りの悪い収益不動産を自己資金で10億円まで一括買取いたします。扱いが難しく手間のかかる不動産物件について、労力や時間をかけて面倒な交渉や手続きを行うのが弊社の強みです。

[相談事例] 法人様より底地の売却についてご相談

ジャパンケルモ » 底地買取 » [相談事例] 法人様より底地の売却についてご相談

自社保有の土地の売却について法人様からのご依頼。
対象不動産は、有効利用している土地のみで、
物件は事業用定期借地権でテナントに貸している案件。

元々、自社で所有されている土地で操業をされていた法人様が、事業縮小に伴い、該当の土地を有効利用することとなり、物件を物販テナントに店舗として貸されておりました。

そんな中、自社保有の底地の買取について、法人様よりご依頼がありました。

物件は事業用定期借地権でテナントに貸している状態でしたので、対象不動産としては土地のみでした。

・底地である
・利回りはさほど高くない
・売買価額の総額が大きい
・融資が付きにくい

というような理由もあり、なかなか買い手が付きませんでした。

そこで弊社が、現金で一括買取させていただくという強みを生かし、

該当の底地を買取させていただきました。

売主である法人様には弁護士様もついておりましたが、弊社が現金一括で底地買取させていただくことで、早く売却することができ、大変喜んでいただきました。

また、借主であるテナント様とは、その後の価格交渉に応じ、賃料も下げた状態で引き続き借りていただきました。

06-6326-4600 お問い合わせ
Copyright (C) Japan Kelmo. All Rights Reserved.
pagetop