底地、共有名義の持分のみ、利回りの悪い収益不動産を自己資金で10億円まで一括買取いたします。扱いが難しく手間のかかる不動産物件について、労力や時間をかけて面倒な交渉や手続きを行うのが弊社の強みです。

共有持分権

ジャパンケルモ » 共有持分 » 共有持分権

共有持分権とは、「複数人で財産を共有している場合、各所有者が持つ所有権のこと」です。
またその所有権の割合を、共有持分と言います。
所有者は、自身の所有権の割合=持分においては、自由に利用したり売却したりすることが可能ですが、共有しているもの全体に対する変更は、共有名義人全員の同意があって、初めて可能となります。
建物の場合は、その不動産の売却や新築への建て替え、増改築などがそれにあたります。

自分の持分の範囲においては、自由に利用や売却が可能だと言っても、
他に共有者がいて自由に扱うことができないという制約があるので、
他の第三者に売ったり、共有持分を担保にしたりすることは難しい状況です。

共有持分のみの買取が可能

私たちは、共有名義の不動産の共有持分のみの買取も行っております。
共有持分を売却したいが、共有名義人に購入資金がなく売却できない、また第三者に売ることも難しい、持分のみを売却し、すぐに現金化したいといった場合でも、是非私たちにご相談ください。
弊社では豊富な資金力により、10億円まで自社で一括買取することも可能です。
06-6326-4600 お問い合わせ
Copyright (C) Japan Kelmo. All Rights Reserved.
pagetop