底地、共有名義の持分のみ、利回りの悪い収益不動産を自己資金で10億円まで一括買取いたします。扱いが難しく手間のかかる不動産物件について、労力や時間をかけて面倒な交渉や手続きを行うのが弊社の強みです。

共有持分とは

ジャパンケルモ » 共有持分 » 共有持分とは

共有持分とは、「一つの不動産を複数人で所有している場合、その持っている所有権の割合」のことです。
兄弟姉妹などで土地や建物などの不動産を共有で相続した場合、また、ご夫婦や兄弟姉妹、親子などの親族で資金を出し合って、共同で住宅を購入した場合などに、共有名義の不動産となる場合が見られます。

共有持分の取扱いについて

こういった共有名義の不動産は、複数人が所有している状態ですので、自分の好き勝手に使用したり、取り壊したり、改築や増築したり、売却することができません。
土地や建物の売却、建物の大掛かりな増築や建替え、また利用形態の変更などは、共有名義人全員の同意がなければいけません。
しかし、自分の持分の範囲であれば、自由に売却することが可能です。

しかし、権利が複雑に絡み合い、使用や売却にも制約の多い共有不動産ですから、第三者に売ろうと思っても、買い手を見つけることはなかなか難しいのが現状です。
そこで、共有名義人様に買い取ってもらう、または不動産業者に売却するといった方法があります。

共有持分のみの買取

共有名義人様に買い取ってもらう場合でも、当事者同士の話し合いではなかなか思うように進まず、時間もかかりストレスになってしまうことも考えられます。
私たちは他の共有の名義人様との様々な交渉や共有持分のみの買取なども行っております。
第三者が入ることによって、交渉がスムーズに進み、また今まで悩んでいたことや交渉のストレスなどからも解放され、
ご相談者様には大変喜ばれています。

様々な不動産を扱ってきたプロフェッショナルとして、豊富な知識や多くの交渉で培ってきた経験を元に、お客様のトラブル解決のお手伝いをさせていただきます。不動産のことなら、なんでもお気軽にお問い合わせください。

06-6326-4600 お問い合わせ
Copyright (C) Japan Kelmo. All Rights Reserved.
pagetop