底地、共有名義の持分のみ、利回りの悪い収益不動産を自己資金で10億円まで一括買取いたします。扱いが難しく手間のかかる不動産物件について、労力や時間をかけて面倒な交渉や手続きを行うのが弊社の強みです。

収益マンションとは

ジャパンケルモ » 収益マンション » 収益マンションとは

収益マンションとは、「家賃収入を得るために購入する、投資目的のマンション」のことです。
マンションを購入しご自身で住むのではなく、そのマンションを第三者に賃貸することによって、毎月安定して家賃収入を得ることができます。
収益物件は投資物件とも呼ばれ、一般的な住宅として、賃貸マンション・アパート、区分所有マンションなどがあります。また業者向けのテナントビル、事務所や店舗、倉庫、工場などもあります。
一般的に収益マンションのオーナーというと、マンションを1棟まるごと所有しているようなイメージもありますが、マンション1室(1部屋)でも賃貸収入を得ている場合は、収益マンションということになります。

収益マンションで大切なこと

現在、投資用マンションとしても新築物件から中古物件まで様々な物件が出回っているかと思います。

収益マンションとして考えた場合は、やはり一番気にしなくてはいけないのは利回りです。

自分自身が住むことが目的でしたら、
少々値が張っても新しくてきれいで設備も整っているマンションが良いと思われる方も多いかもしれませんが、
投資目的での購入でしたら、
中古でもそこそこ小奇麗な安価な物件、また駅から近いなど立地が良い物件を購入した方が、
元手を早くに回収できたり、利回りも良いということが考えられます。

収益マンションのオーナー様によくあるお悩み

収益マンションとして、新築を購入された場合でも、中古を購入された場合でも、長い間運用していくと、オーナー様にも様々な悩みが出てくるかと思います。
例えば、
・購入当初は満室だったお部屋も、築年数が経つにしたがって、入居率が悪くなってきた。
・マンション自体が古くなってきたので、修繕費が多くかかるようになってきた。
・最近の不景気の影響もあり、家賃の滞納が増えてきた。

などです。

そのような収益マンションを現状のまま放置していても、何の解決にもならないどころか、日々価値が落ちていってしまいます。
また売却を考えた時にも、老朽化が進んだような収益マンションではなかなか買い手がつかなかったり、希望よりもかなり低い価格でないと売却できないということも考えられます。
私たちは、収益マンションについて様々な悩みをお持ちのオーナー様の状況に応じて、最適なアドバイスをさせていただいております。
老朽化が進んだ収益マンション、管理がずさんな収益物件でも買取可能ですので、収益物件でお悩みの方、是非一度ご相談ください。

06-6326-4600 お問い合わせ
Copyright (C) Japan Kelmo. All Rights Reserved.
pagetop